2018年2月2日金曜日

e-Education推進部会 FD研究会(2月13日)開催

開催日時 平成30年2月13日 13:00~14:20  
開催場所 名古屋工業大学 23号館3階2331講義室
テーマ 「わかったつもり」を「わかった」へ ー主体的学びの場の構築ー
※入場無料
プログラム
13:00 開会
13:00-13:15 e-Education推進部会の活動報告
 英語の取り組み:石川有香教授
 物理の取り組み:高橋聡教授
 数学の取り組み:林倫寛准教授・平澤美可三教授・松添博教授
13:15-14:00 アクティブラーニング型反転授業
「わかったつもり」を「わかった」へ(関西大学 教育推進部 教授 森 朋子氏)
14:00-14:20 質疑応答
14:20 閉会
関西大学 教育推進部 森 朋子氏
ケルン大学哲学部Magister修了後、大阪大学言語文化研究科前期・後期課程修了。博士(言語文化学)。島根大学教育開発センター准教授を経て現職。専門は学習研究。『アクティブラーニング型反転授業』(ナカニシヤ出版)などがある。
講演内容学生の理解を格段に伸ばすといわれる反転授業は、対面でのアクティブラーニングの導入により支えられているといわれている。さらに、反転授業での事前学習からアクティブラーニングへの学習のプロセスは認知学習論における理論にもかなっている。研究会では、反転授業の効果を認知学習論的に説明し、そのコツについて報告する。

2018年1月25日木曜日

第7回名工大英単語コンテストの結果発表・表彰式 開催

2017年12月14日に開催された第7回名工大英単語コンテストの表彰式が1月25日に行われました。

 1位 宗澤 翼さん(情報工学専攻 1年)
 2位 松浦 光祐さん(電気・機械工学科 1年)
 3位 吉田 美悠さん(生命・応用化学科 4年)

井門康司副学長よりお祝いの言葉をもらうとともに、賞状と記念品を手渡されました。
 1位の宗澤さんは受賞者スピーチで「学生のうちに英語を勉強しておくことは、社会人になってから大きな助けになる」と、コンテストの意義を語りました。
井門副学長は「工学専門英語だけでなく、社会人として必要な英語も身につけコミュニケーションに活かして下さい」と激励の言葉を贈りました。

受賞者の皆さん,おめでとうございました。

大学ホームページ
https://www.nitech.ac.jp/news/news/2017/6408.html

2018年1月6日土曜日

2018.01.06 JACET中部支部役員会

JACET中部支部 第8回役員会
日時:2018年1月6日(土)14時00分~16時00分
場所:名城大学ナゴヤドーム前キャンパス DW302

2017年12月20日水曜日

2017. 12. 20 第3回FD研究会「授業評価アンケートを考える」

2017. 12. 20
平成29年度第3回FD研究会 参加
イベント日時 2017-12-20 16:20 ~ 17:35
場所 2号館1階0211講義室

https://www.nitech.ac.jp/event/2017/12/20.html#m006294


2017年12月14日木曜日

2017. 12. 14 (木)2017年度名工大英単語コンテスト 開催

2017.12.14 「2017年度名工大英単語コンテスト」 開催
日時:12月14日(木)16:20-17:30
場所:51号館 51111講義室
出題範囲:工学英語語彙

主催: 名工大英単語コンテスト実行委員会
共催: 工学教育総合センター創造教育開発オフィス e-Education 推進部会
協力: 名古屋工業大学生活協同組合
後援; 株式会社 中日新聞社


2017年12月7日木曜日

2017. 12. 07 ESP国際学会 香港理工科大学

International Conference on ESP, new technologies and digital learning に参加

The Hong Kong Polytechnic University, Hunghom, Hong Kong
7-9 December 2017
https://www.polyu.edu.hk/engl/event/ESP2017/index/

2017年12月2日土曜日

2017. 12. 02 JACET-SIG東アジア英語教育研究会

2017. 12. 02 JACET-SIG東アジア英語教育研究会 参加 & 科研「日中韓の英語教科書に見る女性表象―男女共同参画社会を目指した英語教材のあり方」(萌芽研究)打ち合わせ
日時:12月2日(土)14:00-14:30 第180回東アジア英語教育研究会
場所:西南学院大学東キャンパス 西南コミュニティーセンター    
1. 「tough構文の理解:意味的透明性と漸進性」    伊藤彰浩(西南学院大学)  

日時:12月2日(土)14:40-15:20 科研打ち合わせ 

日時:12月2日(土)15:30-17:30 第181回東アジア英語教育研究会 
場所:西南学院大学1号館307教室 
発表1:外国語授業における学びの質―学習者の視点から 
加藤由崇(中部大学),笹尾洋介(京都大学),田地野彰(京都大学) 
発表2:意味を重視した英語指導法の構築と検証 
細越響子(京都府立大学),髙橋 幸(京都大学),金丸敏幸(京都大学) 
発表3:「詩とは何か」からはじまる音声指導―英詩研究者からの提言(Part II) 
桂山康司(京都大学)